目覚まし時計

光の目覚し時計ブライトアップクロックは光で睡眠リズム調整し、朝快適にスッキリ起床できる光目覚まし時計です。光の目覚まし時計で毎朝、快適な目覚め。朝スッキリの睡眠グッズ目覚まし時計。

目覚まし時計 光と音で快適な目覚め
ホーム

ブライトアップ・クロック(光と音で起きる光の目覚まし時計)とは?

光と音の目覚まし時計で目覚めスッキリブライトアップ・クロックは明るい光と音により睡眠リズムを調整し、毎朝、快適な目覚めを目的にデザインされた光と音の目覚まし時計です。

人間の生体リズムは朝日が昇ることにより目覚め、陽が沈むことにより、眠りへと導かれる様になっています。とくに日照時間の短い秋から冬にかけて、朝起きられない、二度寝してしまう、起きてもスッキリしないといった症状の方が増えています。
この光の目覚まし時計は、起床の90分前に短時間の光を点灯し、レム睡眠(眠りの浅い状態)状態を作りだし、実際の起床時間になると、最大30,000ルクスの高照度光と音で快適な目覚めができる目覚まし時計です。
聴覚障害の方でも通常の蛍光灯やLED光のライトよりも明るく、幅広い範囲を自然な光で照らしてくれる為、枕元に設置して目覚める事が可能です。

【特徴】〜なぜ光源にLEDでなく特殊蛍光管?

■プリウェイク機能
睡眠リズムを調整し、設定した起床時間にスッキリ目覚める事ができます。
※睡眠の周期は90分と言われていますが、人や環境やによって異なります。

■最大30,000lxの高照度光
特殊蛍光管によって屋外のような明るさと自然な光を実現。

■目に優しい自然な光
近年、問題視されているLEDに多く含まれるブルーライト。
ブライトアップクロックは、あえて特殊な蛍光管を使用することで、
ブルーライトを抑え、紫外線カット、演色性Ra93の自然な光、
インバーター内蔵でチラツキもなく、読書等で使用しても目に安全な光を作り出しました。

■幅広い照射範囲
LEDの光は光源に対し、正面は明るくなりますが、周辺は極端に暗くなります。
ブライトアップクロックは特殊な蛍光管と独自の設計により幅広い範囲を明るく照らします。

※体内時計の調節・高照度光療法を目的としたお客様へ
 光の照度(ルクス)は光源から数センチ離れたり、横にずれるだけでも数千ルクスも照度が落ちます。
 体内時計の調節、高照度光療法を目的としたお客様は「ブライトライトME+」をご使用ください。

こんな方にオススメの目覚まし時計です

おすすめの目覚まし時計
・朝起きられない
・目覚めが悪い
・起きても疲労感が残る
・起きても体が動かない
・日中になっても頭が働かない
・聴覚障害のある方
・朝になっても部屋が暗い

プリウェイク機能

プリウェイクとはブライトアップ・クロックU目覚まし時計の特殊機能の一つで、睡眠リズムを瞬間的な光の刺激で調整して目覚めを容易にすることを目的としています。一般的に睡眠はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を約90分毎に繰り返し、眠りの浅いレム睡眠状態の間に目覚めると寝起きが良く、すっきりと起きられると言われています。プリウェイク機能は、設定した目覚まし時間の90分前にライトを短時間点灯することによりレム睡眠を前もって誘発し、実際の目覚めの時間にレム睡眠状態から起きられる様に補助するシステムです。プリウェイク点灯時間は1秒から60秒まで設定可能ですが、最初は1〜2秒程から試してください。長く設定し過ぎると、覚醒してしまう可能性があります。
注意:レム・ノンレム睡眠の周期は90分が一般的ですが、環境や人によって異なります。

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠 - 快適な睡眠と目覚め -

レム=REM(Rapid Eye Movement)の名前は身体の随意筋が弛緩状態でも脳が覚醒に近い状態を示し、目がまぶたの下で良く動くことから言われています。入眠してから60〜120分位で最初のレム睡眠が現れます。その後レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返します。その周期は一般的に90分(90〜110分)で、就寝中に3〜5回程の周期があります。明らかに眠りの浅いレム睡眠の時の方が、眠りの深いノンレム睡眠時より起床が楽になります。


ブライトアップクロックUと他社のLEDを使用した光の目覚し時計の比較

ブライトアップクロックとOKIRO

※数値は弊社測定値になります。
ルクス(照度)は、ほんの数cmずれるだけでも大幅に数値が変わります。
ブライトアップクロックの光は上記写真のように広い範囲を照らし、ルクスも上回りましたが、LEDの光は直進性がある為、光源から真正面で測定した場合、蛍光管の照度を上回る事もあります。

ご注文ページはこちら